仕事の内容
建設現場で緑や青色などのネットに覆われた建築物を見たことはありませんか?
そのネットの中にある骨組みが『足場』です。
建物とは、大工、左官、電気、重機などたくさんの職人が皆で作ります。
職人が安全に仕事をする為に必要となる『足場』。
その『足場』を作る事が私たち足場職人の仕事です。
職人の一日
作業スタート
AM08:00
朝8時からスタートが多く、現場には朝8時までには到着。
資材等をトラックから下ろし足場作りがスタート。
図面や工程を確認し、一段目から足場を組んでいきます。
組み立て
AM10:00
一段二段三段と進み、より一層安全面に注意が必要です。
転落防止の安全帯を装着し、資材を上へと運びます。
決して物や資材を落とさないよう協力、連携、集中が大切です。
昼食休憩
PM12:00
図面や工程表の確認や作業の内容を打ち合わせしたり、
仲間との日常やお互いの悩みなど会話を楽しんでいます。
暑い日は、熱中症対策の為、車の中や涼しい所できちんと水分補給!
終了まであと少し
PM15:00
いよいよ大詰めです。
足場を強固にする火打ちやブレスを組み付けていきます。
点検後、ネットを張り、整理整頓・清掃・挨拶を行います。
帰社
PM16:00
会社に戻り、翌日の打ち合わせを行います。
組み上げ手順、完成時間の確認します。
その後、翌日の現場に必要な道具、資材を用意していきます。
業務終了
PM17:00
翌日の道具、資材準備をして業務終了です。
複数の現場に行く日もあれば、早く終わる日もあります。
これにて足場職人の一日は終わりです。
〒510-8034 三重県四日市市大矢知川原521-1
TEL / 059-364-8200
kensetsu@koukagumi.jp
Copyright © 2015 KOUKAGUMI, Inc.